従業員のモチベーションを高めて企業の成長に繋げよう!

内的動機と外的動機を理解して従業員のモチベーションを向上しよう!

従業員のモチベーションを高めて企業の成長に繋げよう!

婦人

大きな枠組みでの取組み

企業経営を考える上で、従業員のモチベーションを高める施策を行うことは大切です。従業員のモチベーションを上げることは、企業の成長に繋がるのです。その点を理解した上で、従業員のモチベーションを上げるためには、どのように動機づけを行うのか考えましょう。外的動機として従業員のモチベーションを高める方法には、福利厚生の充実や、インセンティブ制度の導入など、制度を構築する方法が挙げられます。

従業員のモチベーションを向上させる

また、より業務に密着した取組みとしては、グループウェアシステムの導入があります。グループウェアを活用することで、業務連絡をリアルタイムで行うことができます。従来の内線やEメールを使わず、チャット機能を使うので気軽に相談ができたり、業務の連携ができたりするので従業員が働きやすい環境を構築するためには良いシステムだと言えます。働きやすい環境で業務を行うので、従業員のモチベーションを高めることができます。

内的動機づけに着目した取り組みも大切

従業員のモチベーションを上げるためには、内的動機付けも大切です。従業員1人1人に役割りや責任を与え、責任感や使命感を感じさせることで、業務に対する姿勢を向上させることができるのです。また、従業員が成長できる機会を与えることも重要です。成長できる環境を整えて、スキルを発揮させることで、従業員のモチベーションアップに繋がります。

動機づけを比較しよう!

内的動機づけ

内的動機づけが発生するためには、目的となる行動に対する興味があることが前提となります。興味を持つためには、自分が企業に貢献できる可能性があるのかどうかや、企業の理念と自身の目的の一致があるのかどうかが大切な要素となります。内的動機は長期的に継続することができるメリットがあります。

外的動機づけ

外的動機づけは、実践方法がシンプルだという特徴があります。例えば、報酬を与えたり、逆に罰を与えたりすることで動機づけを起こすことができると言われています。また、従業員が興味がない分野でも、待遇を改善するといった外的要因を整えることで、動機づけを有効に働かせることができます。

モチベーションアップのポイントとは?

上述したように、従業員のモチベーションを上げるためには、どのように動機づけを行うのかが大切なポイントになります。「内的動機と外的動機の違い」を押さえた上で、自社に合った取組みを実践しましょう。